Anewex RNA cleanup kit

ANX210506     English

 

For RNA cleanup and concentration with small elution volumes

50 Anewex RNA cleanup mini spin columns, collection tubes (1.5 mL and 2 mL), RNase-free reagents and buffers

 

 

 

¥ 18,200

ご注文

製品詳細

Anewex RNA cleanup kitは事前に精製(フェノール/クロロホルムによる)されたRNAに含まれる酵素反応物質(増幅または標識反応物質、DNase消化酵素など)を、簡単で迅速な方法で除去します。

・高品質の total RNA精製がわずか数分で可能

・あらゆるダウンストリームアプリケーションで高性能を実現する ready-to-use RNA

・フェノール/クロロホルム抽出、CsClグラジエント、LiCl、エタノール沈殿は行いません

・ RT-PCR阻害剤の完全な除去

 

適用

Anewexの技術で分離されたRNAはA260 / 280比:1.9〜2.1、A260 / 230: であり、あらゆるダウンストリームアッセイに適用できます。

  • RNA-seq
  • Quantitative, real-time RT-PCR
  • End-point RT-PCR
  • Northern, dot, and slot blotting
  • Array analysis
  • Poly A + RNA selection

 

プロトコール

  1. 1.5mLチューブにRNAを用意し、2倍量のRCBを添加(例:RNA50μLに対しRCB 100µL)する。
  2. よく混合し、 2mL collection tubeにセットされたRNA cleanup スピンカラムに移す
  3. ふたをやさしく閉じ、10,000rpm以上で15秒遠心し、落下液を捨てる。
  4. 300μLのRCW1をスピンカラムにのせる。
  5. ふたをやさしく閉じ、10,000rpm以上で15秒遠心し、落下液を捨てる。
  6. 500μLのRCW2をスピンカラムにのせる。
  7. ふたをやさしく閉じ、10,000rpm以上で15秒遠心し、落下液を捨てる。
  8. 新しい1.5mLコレクションチューブにRNA cleanup スピンカラムをセットする。スピンカラムメンブレンの中央に RNase-free water 15mLをのせる。
  9. やさしくふたを閉じ、最高速度で1分間遠心しRNAを溶出する。RNase-free water 10μL未満では溶出しないでください

 

データと数値のサポート

リアルタイムRT-PCRやRN​​A-Seqなどのアプリケーションの効率は、使用するRNAサンプルの純度に大きく依存します。 RNAの純度を評価するために、260nmでのRNAの吸光度と280nmまたは230nmでの潜在的な汚染物質の吸光度を分光測定(例:Nanodrop)で測定しました。 高純度のRNAの指標としてはpH7.5でA260 / A280比1.8~2.1の値が広く受け入れられています。また、 A260 / A230比が2.0付近またはわずかに高い値となります。抽出されたRNAにAnewexRNAクリーンアップキットを使用した際のA280 / A260およびA230 / A260は、A280 / A260では1.7から1.96に、A280 / A260では0.65から2.17に大幅に改善されました。

 

Fig. 1グアニジンチオシアン酸塩/フェノール/クロロホルムを使用して高脂肪食肝臓組織から抽出されたRNAの品質は、NanoDrop によって測定されました。

 

Fig. 2Anewex RNA クリーンアップキットを使用してクリーンアップされたRNAの品質は、NanoDrop によって測定されました。