Anewex Plasmid Miniprep kit

ANX210503         English

最大20µgのプラスミドDNA精製用

・すぐに使用できるプラスミドDNAを数分で

・高コピーのベクターも低コピーのベクターも単一プロトコルで

¥ 22,000

ご注文

製品詳細

Anewex Plasmid Miniprep Kit は、600μl~3mlの細菌培養物から最大20μgのDNAプラスミドを15分で分離します。

・すぐに使用できるプラスミドDNAを数分で分離

・分子生物学グレードのプラスミドDNAを再現性のある収量得られる

・高コピーのベクターも低コピーのベクターも単一プロトコルで

 

適用

Anewex Miniprep Kitは、以下を含むほとんどのアプリケーションでの使用に適した再現性のある高純度DNAを提供します。

・PCR

・制限酵素消化

・ ライゲーションとトランスフォーメーション

・シーケンス

・スクリーニング

 

プロトコール

  1. 一晩培養した1〜5mLの細菌を室温(15〜25°C)8000 rpm以上で3分間遠心分離し、ペレットを回収する。
  2. ペレット化した細菌細胞を200μLのバッファーPm1に再懸濁し、マイクロ遠心チューブに移す。
  3. 200μLのバッファーPm2を加え、溶液が透明になるまでチューブを4〜6回反転させて混合する。
  4. 300μLのバッファーPm3を加え、即座にチューブを4〜6回反転させて完全に混合する。
  5. 13000rpmで10分間遠心分離する。
  6. デカンテーションまたはピペッティングにより、ステップ5の上清をAnewexスピンカラムにのせる。
  7. 蓋を静かに閉じ、10,000rpm以上で30秒間遠心分離する。排出された液は破棄する。
  8. 500μLのバッファーPm4をスピンカラムに加える。
  9. 蓋を静かに閉じ、10,000rpm以上で15秒間遠心分離する。排出された液は破棄する。
  10. 500μLのバッファーPm4をスピンカラムに加える。
  11. 蓋を静かに閉じ、10,000rpm以上で15秒間遠心分離する。排出された液は破棄する。
  12. プラスミドスピンカラムを新しい5mLコレクションチューブに置く。 30〜100μLのDNase / RNaseフリー水をスピンカラムメンブレンの中心に直接加える。
  13. 蓋を静かに閉じ、最高速で1分間遠心分離し、プラスミドを溶出する。スピンカラムメンブレンは十分に水和されないため、RNaseフリー水10μL未満で溶出しないでください。